概要

epa!は、武蔵野美術大学公認の舞台制作サークルです。毎年、芸術祭に向けて約100人のメンバーで大規模な舞台を作っております。パフォーマンスや衣装、舞台装置、照明、音響など、計7つの班に分かれて制作し、企画や脚本まで全て学生のみでつくり上げる公演は、毎年高い評価を頂いています。

コンセプト

武蔵野美術大学には11の学科があり、それぞれに様々な専攻を持った学生がたくさんいます。ですが、これらの学科間での交流はほとんどありません。たくさんの美大生が集まりそれぞれの持ち味を活かし、結集させたらすごいものができると思いませんか?各学科の専門性の高い技術や知識、価値観をぶつけあい、融合させ、ひとつのエンターテイメントパフォーマンスショーをつくる。これがepa!のコンセプトです。

制作班紹介

組織構成は毎年少しずつ異なりますが、基本的にepa!は幹部、演出部、制作部の3つに別れて活動しており、制作部はさらに8つの班に分かれて構成されています。パフォーマンス班、服飾班、メイク班、舞台美術班、照明班、音響班、広報班そして映像班。それぞれが異なる役割を持っており、どれが欠けてもepa!の公演は完成しません。

公演データ

スタッフ数 117人(10月末時点)
最大観客動員数(満席) 172人
観客総動員数 1651人
総製作費 3,167,134円