Истёк срок регистрации домена spqr1.ru

映像班movie

epa!の公演に関わるあらゆる映像を制作する部署です。公演を撮影・編集してDVDに起こし、年に一度きりの公演を形に残して外部に見せる大切な役割です。

活動内容

公演の宣伝用の短い映像作品や、公演後のエンドロール映像、そして公演DVDの映像編集を担当する部署です。Adobe After Effectsなど、様々なソフトを使って、公演の良さを伝えられるような映像を制作します。公演DVDの制作は絵コンテの段階から入るので、パフォーマンス班の振り付けや、照明の動きなども把握してどの角度から撮ればいいか、などを考えます。

また、本番当日には客席近くで公演を数カ所から撮影したり、制作風景を撮りためておいて最後にメイキング映像を作ったりするので、epa!の制作全体を見渡すことが出来ます。

魅力

映像班は、公演の映像を編集するだけでなく、エンドロールの制作では水彩絵の具を使った表現を模索したり、イラストを描くことから初めたりと様々な試みをしております。ソフトを使うだけではなく、いろいろな技法を試すことで、どうすれば公演の魅力をより伝えられるか、を模索します。

また、芸術祭で公演を見られなかった人にとっては、公演DVDやダイジェスト映像が公演そのものとなります。epa!の公演を外部に伝える最も重要な役割が映像班です。

スケジュール

7月ごろまでは演出を聞きながらエンドロールや外部向けのダイジェスト映像の制作などに力を入れ、8月からはパフォーマンスの振り付けや音響の流れを把握しながら公演映像の絵コンテ制作に入ります。その際、パフォーマンス班の練習を見学したり、照明班の会議に参加したりして、公演全体の具体的な流れを把握するようにします。

そして、公演が終わった11月からはDVDの編集を行い、epa!の公演を形に残します。