Истёк срок регистрации домена spqr1.ru

岡田 直樹2013年度芸術祭公演 演出

epa!に入ったきっかけ

1年のときにパフォーマンス班としてepa!に入ってたんだけど、先にepa!に入っていた同期の友達に声をかけられて見学に言ったのが最初です。それまでは踊りとかダンスには縁がなかったんだけど、多分受験で縛り付けられちゃってて、そこでepa!のパフォーマンス班がすごく自由な場所でしっくりきて、まんまと入ってしまいました(笑)

epa!で一番大変だったこと

2012年の春公演「身体実験」で、構成という役職について全体をまとめる作業とかしてたんだけど、その時が一番大変だったかな。何かに追いこまれるように制作してた。徹夜して会議して、それを何日も繰り返して、体に無理な負担をかけてた。

あと2013年の演出は、体力的に大変だったというよりかは、表現したいことがとにかく難しかったから、それをメンバーのみんなに伝えるのが本当に難しかった。人に何かを伝えるっていうことの大変さを学びました。

epa!で学んだこと

割と大人数だけど団体として一致団結していて、この人数で心を一つにする、ということを、学んだというか、体験できる場所だなーと思う。そういう体験は今までなかったから、いい経験が出来たと思う。1年生のときも、まあ自分がパフォーマンス班だったからっていのもあるかもしれないけど、自分が団体の末端だっていう感じは感じなかった。その後も、毎年、公演を発表するときには「みんなで作った」っていう感じがあった。先輩方も一人ひとりを見てくれてる団体だなーって思う。
人それぞれ違う価値観を持ってるっていうのをこの規模で感じられる場所ってそうそうないよなーって思いますね。

新入生にひと言!

うん大丈夫!死なないから!

入っちゃえ入っちゃえ!

でも死ぬときどうなるんだろう?